TOEIC800点を狙ってない人は見ないで!あなただけに厳選した参考書3選/リスニング、リーディング

英語学習

「600~700ぐらいになったから新しい参考書を買いたい!」「800点台からもっと上を目指したい!」そんな方々のために記事を書きました。

今回は少し上のレベルの方(中級レベル以上)の方向けの参考書を厳選して3つ紹介したいと思います。さらに詳しくいうと、文法、リーディング、リスニングの1つずつの参考書を紹介します。

苦手分野の克服」というよりは、「自分の強みをもっと伸ばしたい!」という方向けの紹介になるのでその辺りを意識して参考書を選んでみてください。

TOEIC L&R TEST 900特急 パート5&6

こちらを使うメリットは以下の3点です。

【1.特化した学習内容】

この教材は、TOEICリーディングセクションのパート5(文法)とパート6(文脈理解)に特化しているため、それらのスキルを効率的に磨くことができます。重要なポイントや頻出問題、さらにはひっかけ問題にも焦点を当てることで、効果的な学習が可能です。

【2.豊富な練習問題】

 「TOEIC L&R TEST 900特急 パート5&6」には、実際のTOEIC試験に近い形式の練習問題が多数収録されています。そして、サイズなどから繰り返し問題を解くことに特化した作りになっているため、難しい文法を反復で頭に入れることで1問1問を解くスピードがやる前とは段違いに上がるでしょう。

【3.丁寧な解説と解答】

各練習問題には詳細な解説と解答が付属しており、自己学習に適しています。誤答や理解が不十分な箇所をフォローすることで、自身の弱点を克服し、スキルアップが図れます。

TOEICテスト 990点 新・全方位リーディング Part7

こちらを使うメリットは以下の3点です。

【1.総合的なリーディングスキル向上】

この教材は、Part7を中心にTOEICのリーディングセクション全体をカバーしています。従来の教材よりも幅広いトピックや問題形式に対応することで、総合的なリーディングスキルを効率的に向上させることができます。

【2.実践的な演習問題】

「新・全方位リーディング Part7」は、実際のTOEICテストと同様の形式や難易度の問題を豊富に取り揃えています。これにより、実際の試験で遭遇する可能性のある問題やトピックに慣れることができ、自信を持って試験に臨むことができます。

【3.分析力と戦略の向上】

この教材では、問題解決のためのアプローチやスキルを学ぶことができます。効果的な読解戦略や時間管理、解答の推測など、試験で高得点を獲得するための具体的な技術を身につけることができます。これにより、試験における分析力と戦略性を向上させることが期待できます。

TOEIC L&R TEST 990点獲得 Part 1-4 難問模試

こちらを使うメリットは以下の3点です。

【1.高度なリスニングスキルの習得】

この教材は、Part1からPart4までのリスニングセクションを網羅しており、難易度の高い問題に焦点を当てています。これにより、高度なリスニングスキルを習得し、TOEICのリスニングセクションで高得点を狙うことができます。

【2.無駄のない学習効率】

難問模試を中心に構成されているため、限られた時間の中で効率的にリスニング力を向上させることができます。繰り返し模試を行うことで、自分の弱点を見つけ出し、改善に努めることが可能です。

そして、その日にやるべき問題数と解答時間がテキスト内で決められています。全ての問題を3周ずつやる前提となっているため、テキストに指示されている通りに学習を進めるだけで効果的な結果が得られるでしょう。

【3.実戦感覚の養成】

「TOEIC L&R TEST 990点獲得 Part 1-4 難問模試」は、実際のTOEIC試験と同じ形式や状況を再現しています。これにより、試験本番に近い環境でのリスニング力を鍛えることができ、実戦感覚を養うことができます。これは、試験当日の緊張感に慣れるだけでなく、自信を持って試験に臨むことができるようになります。

いかがでしたか?

今回紹介した参考書はそこそこレベルの高いものになりますが、これらに慣れれば本試験が簡単に思えてくると思います。実践の形式を意識した参考書になるので是非使ってみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました