TOEIC900越えてる人がいつもしている習慣とは?忙しい社会人でもできるルーティーン作り

英語学習

はじめに

「忙しいのに900点取れる?」「何をしたら高得点が取れるのかわからない」
こんな方々のために記事を書きました。

今回は、TOEIC®︎のスコアアップについてお話しします。

社会人になると、英語力が求められる機会が増えます。その中でも、TOEIC®︎はビジネスマンにとっては欠かせない試験です。

しかし、忙しい日々の中で効率的に勉強することは簡単ではありません。そこで、今回はTOEIC®︎のスコアアップに絶対に必要な3つの習慣をご紹介します。

習慣1:『リスニング』は1日の勉強時間を3回に分け、15分ずつの区切りをつける

TOEIC®︎はリスニングとリーディングが中心となる試験です。そのため、配点の半分を占める英語の聴解力を高めることが重要です。

具体的には毎日15分✖️3で、英語のニュースやラジオを聴く習慣をつけましょう。英語のリスニングに慣れることで、TOEIC®︎のリスニングセクションにも慣れていきます。



毎日聴くべきメリットを大きく3つに分けましたので、気になる人は見てみてください!

  1. 継続しやすい

    社会人の多くは忙しいため、TOEICの勉強時間を確保することが難しい場合があります。しかし、1日の勉強時間を3回に分け、15分ずつの区切りをつけることで、継続しやすくなります。短い時間で勉強を行うことで、ストレスや負担を軽減し、効率的に勉強を進めることができます。

 2. 集中力が維持しやすい

  長時間の勉強を行う場合、途中で集中力が切れたり、疲れがたまってきたりすることがあります。
  しかし、1回あたりの勉強時間が短い場合、集中力を維持しやすく、効率的な勉強ができます。

 3. 効率的な復習ができる

  1日の勉強時間を3回に分け、15分ずつの区切りをつけることで、繰り返し勉強を行うことができま
  す。短い時間で復習を行うことで、長期的な記憶につながりやすく、効率的な勉強ができます。


以下、短時間リスニングにおすすめの教材です!私自身これを毎日聞いて3ヶ月で470~900点を達成しました! 短い時間で何周もしやすく、手軽にできる部分がおすすめです!

習慣2:自分だけの英単語帳を作る

TOEIC®︎に出題される英単語は限られています。そのため、効率的に英単語を覚えることができれば、スコアアップにつながります。

英単語帳を作り、毎日最低10個ずつ覚える習慣をつけましょう。単語の意味だけでなく、使われ方や類義語・反意語も覚えるようにしましょう。



上記のことを効率的に達成するためには、日々わからない単語をメモしておく習慣が大切です。
私は常にわからない単語をGoogle Keepにメモする習慣をつけていました。ノートを開く手間もないので便利です。

そして自分だけの単語帳を作りたい時、おすすめなのが「Quizlet」です。

スマホアプリやブラウザで動くこちらのアプリですが、自分で単語帳を作り、フラッシュカード形式でその単語を覚えることができます。

今まで幾つかこのようなアプリを使いましたが、

 ・正確な予測変換による単語の作りやすさ

 ・フォルダやファイル機能による管理のしやすさ

 ・ゲーム感覚でできるので集中が持続しやすい!

という面で重宝しています‼️

習慣3:模擬試験を受ける

最後に、模擬試験を受ける習慣をつけましょう。

私は月1回に受ける日を決め、随時自分の実力を把握していました。

TOEIC®︎は試験形式が決まっています。そのため、実際に試験に近い状況で模擬試験を受けることがスコアアップにつながります。

模擬試験を受けることで、自分の苦手な分野や、時間配分の問題などを把握することができます。

そしてPartごとの正答率を確認することで、常に自分の弱点を把握でき、重点的に勉強すべき場所を確認することで自分の買うべき参考書を明確化できます。

その結果、自分自身で勉強法を改善することができる一番コスパの良い方法として落ち着くわけです。

公式問題集は少し高いですが、その分かなり質の高い作りになっているのでなんだかんだ一番お勧めしています‼️ そして新しいものから使っていくに越したことはないと思います‼️
最新の 9、8、7 あたりから始めてみてはいかがでしょうか!

おわりに

以上が、TOEIC®︎のスコアアップに必要な3つの習慣です。

忙しい社会人でも、毎日のちょっとした習慣をつけることで、効率的に英語力を上げることができます。ぜひ、試してみてください。

上記のことさえ守れば短時間で高得点を目指せること間違いなしです‼️

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました