【インドネシア語】就活に役立つ?効率よく学んで有利に就職!

インドネシア語

実際私がインドネシア語を学ぶ上で周囲から「何でやってるの?」「学ぶ意味ある?」など多くのネガティブな反応を受けました。

結論から言うと、インドネシア語は「神コスパ言語」であると思います。

SOTA
SOTA

特に就活をした際に「インドネシア語やっといてよかった」と痛感しました。

どのようによかったか、その活用方法などは2つ目の項目で説明しているのでぜひご覧ください!



そこで、留学を経て日常会話レベル以上までインドネシア語レベルを高めた私が
今だからこそ絶対にインドネシア語を学ぶべき理由どのように就活に生きるのかをお伝えします。

圧倒的な習得スピードの速さ!

速く身につけて仕事に繋げる!

インドネシア語は非常に簡単で「私インドネシア語話せます!」と言えるまでに他の言語ほど多くの時間を要しません。

就職の面接や実践的な仕事で使えるようになるまでが早い、と言うのがまず大きな学ぶべき理由です。

本当に速く身につくの?

まず、インドネシア語は単純な文法構造を持っており、動詞の活用や名詞の性別の変化などがありません。つまり、単語を覚えるだけで文を作ることができます。

また、インドネシア語は音節が単純で発音が容易です。日本語に比べて母音や子音の種類が少なく、発音ルールも比較的簡単です。

さらに、インドネシア語は英語と同じアルファベットを使用しているため、ローマ字で表記された単語を見るだけで発音を想像することができます。

最後に、インドネシア語は英語や日本語などと比較して、複数の言語的背景を持つ人々によって使用されるため、言語が単純化され、外来語が多用されることで、より親しみやすく簡単になっています。

以上の理由からインドネシア語は非常に学びやすく、習得が早いため、すぐに現地民と話せるレベルに持っていくことができます

就活での面接ウケの良さ!

なぜ面接ウケがいい?

面接の数をこなすとあなたもわかってくるかと思いますが、就職の面接において「特別な経験」や「面接官の興味を惹く話題」は一番と言っていいほど重要です。


例えば、英語圏へ留学した人は、その人にとっては貴重な体験であったとしても、数多く就活生がいる中では埋もれてしまいます。面接官も多数いる英語を学びに留学している人に対して強い印象を持たないのが実情です。

SOTA
SOTA

ニッチな領域であるインドネシア語を学んでいる人に対しては「なぜインドネシアなのか」「どんな生活をしていたのか」など面接官側からの質問が止まりません

このようなことを踏まえるとインドネシアへ留学などの経験は一生の財産になること間違い無いでしょう。


このように、私も実際面接ではこの貴重な体験を織り交ぜたアピールですぐに面接官と打ち解けた経験がいくつもあります。

ESや面接で高評価?

これに関しては、使い方次第になるかと思います。

英語以外の言語に言えることかもしれませんが、実際本当に話せるのかがアピールしずらいです。

それは、インドネシア語を学んだ成果が見せられないからだと考えています。

例えばインドネシア語検定で言えば、英語で言う英検やTOEICのように何級、何点取ればすごい!などがわかりにくいです。 英検でいう〇級レベルです、など言わない限りはほとんどわかってもらえないでしょう。

SOTA
SOTA

個人的には副次的なアイデンティティとして活用していました。

ESには趣味の欄や留学で通った大学に、面接でもはじめの自己紹介などには多用していましたが、「今までで一番頑張ったこと」など具体的な成果を暗にに聞かれた質問では使用していませんでした。

面接が終わった時、「あのインドネシアの子」と成果を伝えずどう印象付けるかを意識したアピール構成を考えていました。

インドネシア語のビジネスで高まる需要

個人的には、インドネシア語が話せる人材の需要は上がっていくのではないかと考えています。

別の記事でインドネシア✖️ビジネスについて詳しく説明しているのでこちらをチェックしてください!

本気で学ぶ際、手軽に留学できる!+ 留学の楽しさ!

英語や中国語、スペイン語など、留学で人気の言語は様々ありますが、インドネシア語も負けていません。これらはインドネシアを選んでこそのメリットになります。

  1. 豊かな文化体験ができる

    インドネシアは、多様な民族、宗教、文化が共存する国であり、多彩な文化を体験することができます。インドネシア語を学ぶことで、国民性や文化、歴史について深く理解することができます。
  2. 安価な留学費用

    インドネシアは、日本やアメリカなどと比較して留学費用が比較的安価です。また、物価も安いため、生活費も抑えることができます。そのため長期での留学も比較的計画しやすく、より濃い経験を学生時代のうちにすることができるでしょう。
  3. 英語での授業がある:

    インドネシアの大学には、日本に比べて選択式で英語での授業が多いです。
    英語力を同時に伸ばすことができます。また、英語を母国語とする外国人留学生も多く、国際交流が盛んな環境で学ぶことができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました