インドネシアで家探し!住居検索アプリや安く契約する方法について解説/コス, アパート, ヴィラ/Mamikos

バリ島ライフ

「インドネシアに行くけど住居の探し方がわからない」「インドネシアのアプリで家とか探せる?」
こんな方々のために記事を書きました。

私もインドネシアのバリ島に留学した際、家探しにはかなり苦労しました。
そして、日本人だから家賃をぼったくられていないかなど、かなり心配事が多かったです。

そんな悩みを持った方でも今回はこの記事さえ読めば全て安心できる!というような内容を仕上げましたのでよかったら最後までご覧ください。

インドネシアでの住まいの種類: コス、アパートメント、ヴィラ

インドネシアで住まいを探す際、選択肢は主にコス、アパートメント、ヴィラの3つがあります。それぞれの特徴を理解して、自分のニーズに合った住まいを選ぶことが重要です。

コス (Kost, Kosan)

コスはインドネシア特有の住宅形態で、最低数週間から1ヶ月単位で契約できます。

主に学生や単身赴任者に人気で、家具付きで一部または全ての設備が共用されていることが多いです。コスは一般的に安価で、家賃は月額で支払われます。また、水道光熱費が家賃に含まれることもあります。ただし、共用設備に制限がある場合が多いことがデメリットとなります。

SOTA
SOTA

価格を抑えたい学生や単身赴任の方におすすめです!

アパートメント

インドネシアのアパートメントは、日本や欧米のマンションに近い形で、一棟に複数の個室がある建物です。アパートメントには家具付きの物件も多く、共用施設(プール、ジム、セキュリティサービスなど)が充実していることがあります。

家賃はコスより高くなることが多いですが、プライバシーや生活環境が整っているため、家族連れやカップルにも適しています。

SOTA
SOTA

コス生活よりももうワンランク生活の質を上げたい方におすすめです!

ヴィラ

Towels with white frangipani flowers in a Balinese spa

ヴィラは一戸建ての高級住宅で、広い敷地やプライベートプール、ガーデンが特徴です。

ヴィラは通常、家具付きで提供され、家政婦や庭師などのサービスが利用できることもあります。家賃は高額ですが、プライバシーや独立性が保たれ、リゾート感を楽しむことができます。

SOTA
SOTA

バカンスなどでインドネシアを訪問している方におすすめです!

今回はおそらく希望される方の多いコスを中心に説明しますが、以下のアプリや探し方はアパートメントやヴィラにも使えるのでぜひご覧ください!

インターネット、アプリを使った物件探し

ここからは実際どのように物件を探せば良いかについてです。

地元の人におすすめのアプリを聞いたり、住んでいる日本人の方にお話を聞いたりしましたが、一番探しやすいのはMamikos」というアプリを活用する探し方です。
ブラウザやスマホアプリで使えます。

このアプリはインドネシア全土で使え、検索条件を設定して自分に合った家を探すことができます。

そして、メリットとしては
・所有者の評価が見れるので安心
・はじめからアプリで価格が提示してあるのでぼったくられない

などがあります。

SOTA
SOTA

ちなみに私もこのアプリを使って5件の月契約をしたことがあります!

Mamikos-Cari & Sewa Kos Mudah

Mamikos-Cari & Sewa Kos Mudah

PT GIT GOW AYO無料posted withアプリーチ

Mamikosを使用した契約までの流れ

ここではMamikosを使用してどのように家探しをすればいいかについて解説します。

アプリで物件探し

はじめに、サインアップして自分のアカウントを作ってください。

そこから、ブラウザかアプリを開いて「Cari(探す)」を開き、あなたの住みたい地域を選択します。「Cari apa?(何を探す?)」では コスかアパートメントを選ぶことができます。

この画面から
・「Semua Tipe Kos(コスのタイプ、住めるのは男性か女性か共用か)」
・「Bulanan(月間、住む期間)」
・「Harga(値段)」
・「Fasilitas(設備、シャワーとトイレ別か、エアコン付きかなど)」
・「Aturan Kos(コスのルール、ペット持ち込みの可否など)」

を絞り込めます。

好きな条件を設定し、絞って探すことができます。

部屋を選んだら

部屋を選んだ後は、住所調べをしましょう。ここで良いと確信した場合は月額の支払いをできます。

右側の「Tanya Pemilik(所有者に質問)」という部分から「Alamat kos di mana(コスの住所はどこ)」というボタンを押します。すると詳細な住所が出てきます。

そのほかにも所有者の方に自由に質問できます。インドネシア語があまりできない方はGoogle翻訳などを駆使して質問してみましょう。

突撃訪問!

ここからはとりあえず訪問する手立てを作るだけです。
チャットのやり取りで内見を申し込み、日程、時間を大家さんと決め、訪問しましょう。
そして住所の場所に訪問して、実際部屋を見せてもらい、入居日を決めて契約するだけです

SOTA
SOTA

私の場合はチャットがめんどくさかったので、住所を調べたらすぐに訪問していました。
そこで価格交渉や入居日を決め、コスによっては今すぐ入居などもできたので全部合わせて5分ほどで自分の部屋として使えたケースもありました。
空いた日に1日に五件ほど周り、一番よかったところにするというやり方がおすすめです!

部屋決めは日本よりも圧倒的に手軽です。
数日間住んでみて自分に合わなかった場合でも1ヶ月単位の契約なので1ヶ月我慢して住むか別の場所にすぐ乗り換えることなどもできちゃいます!

見学時にチェックすべきポイント

ここでは内見の際に気をつけるべきポイントについてお話ししたいと思います。

  1. 周辺環境

    物件周辺の環境を確認しましょう。治安や交通アクセス、買い物や食事の利便性など、日常生活に影響を与える要素をリサーチしておくことが大切です。また、騒音や排気ガス、治水状況などもチェックしておきましょう。

    おすすめはそこそこ大きな通りで街灯が多い場所にすることです。
    暗いとインフラ整備が不十分でガタガタな道が多く危険であるのと、ねずみの死骸や犬のふんを踏んでしまうこともあります。

  2. 建物の外観と構造

    建物の外観や構造を確認して、古さや劣化の度合い、建物の耐震性を把握しましょう。また、共用部分の手入れ状況や、階数やエレベーターの有無も確認しておくことが重要です。
  3. 部屋の状態

    部屋の広さや間取り、日当たりや通風状況をチェックしましょう。また、壁や床、天井の傷や汚れ、結露やカビの有無、水回りの清潔さや排水の状態も確認しておくことが大切です

    特に1階だとゴキブリやネズミ、ハエなどが部屋に入りやすい状況になっている場合が多いため、気を配りましょう。
  4. 設備の確認

    物件に備え付けられている設備をチェックしましょう。エアコンや照明、ガスコンロ、冷蔵庫、洗濯機などが機能するか確認することが重要です。また、インターネット(WIFi)の接続状況や電源の位置、テレビアンテナや収納スペースの確認も忘れずに行いましょう。

    意外と見落としがちなのがコンセントの位置です。不便な場所にある場合が多く、必ずチェックするべきポイントです。
  5. 家賃交渉の余地

    見学時に家賃交渉の余地があるかどうか確認しましょう。特にインドネシアでは交渉が一般的であり、家賃や敷金、手数料などを下げることができる場合があります。
  6. 契約条件

    契約期間や更新手続き、敷金や礼金、家賃の支払い方法など、契約に関する条件を確認しましょう。また、ペットの飼育や喫煙、駐車場の利用などに制限がある場合もあるため、特別なお願い事がある場合は事前にチェックを欠かさないことが肝心です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました