インドネシアで絶対にぼったくられない!誰でも簡単に使えるアプリGojekやGrabのおすすめポイント!/タクシーアプリ

バリ島ライフ

「東南アジアへ行くけどどう移動したらいい?」「GrabかGojekどちらを使うべき?」こんな方々のために記事を書きました。

Gojek

Gojek

PT GO-JEK INDONESIA無料posted withアプリーチ

Grab: 配車&デリバリー

Grab: 配車&デリバリー

Grab.com無料posted withアプリーチ

インドネシアでタクシー利用が一般的な理由

インドネシアは広大な国土と多様な文化を持ち合わせているため、旅行者にとって交通手段の選択が重要となります。特に、首都ジャカルタをはじめとする大都市では、タクシーが重要な移動手段となっています。そのほか観光地バリ島やカリマンタン、スマトラなどさまざまな地域で使用されています!

この記事では、インドネシアでタクシー利用が一般的な理由を詳しく解説します。

【インドネシアの交通状況】


インドネシアでは公共交通機関の整備が十分ではなく、特に都市部では渋滞が常習的な問題となっています。そのため、バスや電車などの公共交通手段は時間がかかる場合があり、また路線が限られていることから、目的地へ直接移動するにはタクシーが適しています。

【観光地までの移動】

インドネシアでは観光スポットや宿泊施設が広範囲に点在しているため、目的地に到着するまでの移動が非常に煩雑になることがあります。タクシーはドア・トゥ・ドアで移動できるため、観光客にとっては便利な選択肢となります。

そして、日本人では考えられないほどタクシーアプリの質は高いです。以下の章ではそれらについて詳しく説明しているのでよかったらみてみてください。

【移動がスムーズに!】

さらに、インドネシアでは英語が広く通じますが、地名や場所に関する情報は現地語で表記されていることが多く、地図の読み方や道順が分かりにくいことがあります。そのため、現地のタクシー運転手に目的地までの道案内を任せることで、言葉の壁や道路事情に悩まされることなくスムーズに移動できます。

【安価なタクシー利用】

また、インドネシアは物価が比較的安く、タクシー利用も手頃な価格であることが一般的です。これにより、観光客は安心してタクシーを利用でき、移動負担を軽減することができます。

インドネシアでのタクシー利用が一般的な理由として、公共交通機関の不便さ、観光スポットの広範囲な分布、言葉や道路事情の問題、そして手頃な価格が挙げられます。これらの理由から、タクシーはインドネシアでの移動手段として非常に重要な役割を果たしています。

GojekとGrabの登場

インドネシアでのタクシー利用が一般的になる中、GojekとGrabという2つのタクシーアプリが登場し、現地の移動手段を大きく革新しました。これらのアプリは、タクシーの手配や料金の支払いをスマートフォン上で簡単に行うことができるため、観光客や現地住民にとって非常に便利なツールとなっています。この章では、それぞれのアプリがもたらす革新について詳しく解説します。

タクシー利用以外にも使えるスーパーアプリ!

「Gojek」と「Grab」で使える機能は配車だけではありません。それぞれには電子マネーの機能もついています。例えば、「Gojek」には「Gopay」という、日本でいう「Paypay」のような機能が搭載されています。「Gopay」はタクシーに使えるだけでなく、多くのコンビニや飲食店でも利用可能です。

タクシーアプリの特徴(Gojek, Grab)

それぞれでタクシーを使う際の便利な機能をまとめてみたので是非ご覧ください。

・ 電子マネー、現地通貨での支払いが可能。

・ 正確なマップからGPSで出発地点、到着地点を設定可能。

・ バイク(ヘルメットは運転手が持っています。)、普通車、大型車から選べる。

・ とにかく安価(10km移動でも日本円で200円以下)、出発到着地点設定時に値段確認可能。

・ ドライバーの口コミを事前に確認できる。

・ ドライバーとの位置関係をリアルタイムで共有可能。

・ アプリの言語変更可能。

どっちを使うべき?(Gojek, Grab)

人によってどちらを使うべきかが異なるので、結論としてはこのようになります。

【Gojekを使った方が良い人】

 ・ インドネシアに一定期間定住する方。インドネシアにしか行かない方。

【Grabを使った方が良い人】

 ・ 東南アジア巡りの一環でインドネシアにも行かれる方。
Grab: 配車&デリバリー

Grab: 配車&デリバリー

Grab.com無料posted withアプリーチ

Gojek

Gojek

PT GO-JEK INDONESIA無料posted withアプリーチ

Gojekは、インドネシア発のタクシーアプリで、2010年に設立されました。一方、Grabはシンガポール発のタクシーアプリで、2012年に設立されました。現在は東南アジア地域全体で展開されており、インドネシアでも多くの利用者がいます。

そして、Gojekの方がインドネシアという土地に特化しているという点があります。マップや距離の測り方もインドネシアにおいてはGojekの方が正確であり(2023/4時点)、より安価に移動できます。
さらに、現地の交通事情に精通したドライバーが多く、地元の情報も豊富です。このため、現地の穴場スポットやレストラン情報を求める際にはGojekがおすすめです。

それに対してGrabではインドネシアだけではなく東南アジア全土で使えるため、国を変えてもそのまま使えるメリットがあります。クレジットカードで支払いができるため、とにかくあまり考えずに楽に使いたいという人にとって重宝するでしょう。

私個人はどちらのアプリも入れ、移動したい時にその都度両方で位置情報を設定し、ドライバーがこの地域にどれほどいるかや値段を加味して判断していました。

アプリの活用法と注意点で快適なインドネシア滞在をサポート

インドネシア旅行でGojekやGrabを効果的に活用するためには、いくつかのポイントに注意して利用することが重要です。この章では、アプリの活用法と注意点を解説し、快適なインドネシア滞在をサポートします。

  1. 事前にアプリのインストールとアカウント登録を済ませる

    旅行前にGojekやGrabのアプリをダウンロードし、アカウント登録を済ませておくことで、現地での利用がスムーズになります。また、クレジットカード情報を登録しておくことで、現地通貨への両替が不要になり、手間を省くことができます。
  2. Wi-Fi環境やデータ通信が必要

    GojekやGrabはインターネット接続が必要です。インドネシア滞在中はWi-Fiが利用できる場所やモバイルデータ通信を利用することで、アプリを活用できます。また、海外でのデータローミングを避けるため、現地のプリペイドSIMカードを購入することもおすすめです。
  3. 目的地の住所や地名を正確に入力

    アプリ上で目的地を入力する際は、住所や地名を正確に入力してください。英語表記と現地語表記が混在している場合があるため、注意が必要です。また、ホテルやレストランの名前を入力する際は、支店名や地区名も併せて入力し、正確な位置情報を得られるようにしましょう。
  4. ドライバーとのコミュニケーション

    GojekやGrabでは、アプリ内のチャット機能を使ってドライバーと連絡を取ることができます。英語でのコミュニケーションが困難な場合は、簡単な現地語やジェスチャーを活用しましょう。また、乗車時には運転手に目的地を確認し、安全性を確保することが重要です。
  5. 混雑する時間の考慮

    注意点として、深夜や早朝、祝日などのタクシーが利用される機会が多い時間帯には、アプリの利用が混雑することがあります。そのため、余裕を持って予約を行うことが望ましいです。また、天候や交通事情によっては、到着時間が予定より遅れることがあるため、念のために余裕をもってスケジュールを組むことがおすすめです。
  6. サージ料金に注意

    GojekやGrabでは、需要が高まる時間帯やエリアではサージ料金が適用されることがあります。サージ料金は通常の料金よりも高くなることがあるため、料金を確認してから配車を手配するようにしましょう。また、時間帯をずらして利用することで、サージ料金を避けることができます。
  7. ドライバーへの評価やチップ

    乗車後、アプリ内でドライバーに対して評価を行うことができます。評価はサービス向上に役立ちますので、忘れずに行いましょう。また、インドネシアではチップが一般的ではありませんが、特別なサービスがあった場合や、感謝の気持ちを表したい場合は、適切な額のチップを渡すことも良いでしょう。


以上のポイントに注意して、GojekやGrabを活用すれば、インドネシアでの移動がより快適で便利になります。アプリの使い方や注意点を把握しておけば、インドネシアでの滞在中に思い出に残る充実した時間を過ごすことができるでしょう。どちらのアプリも独自の特徴がありますので、シーンに応じて使い分けることで、最適な移動手段を見つけることができます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました